ロードバイク始めました。

ロードバイクに最近乗り始めた初心者の日記。

初のパンク!人生初の自力でチューブを交換。

先日、ついにチューブがパンクしてしまいました。
ロードバイクでは初めてのパンクとなります。
原因は不明ですが、おそらく空気を入れすぎたのかなと思います。

出社して昼に異変に気づいたら完全に空気が抜けていました。
ということで、人生初のチューブ交換作業にチャレンジです。

使用するもの

f:id:lettuce0831:20151114120649j:plainf:id:lettuce0831:20151114120658j:plain

以前にあらかじめ買っていたこいつらの出番です。

交換するチューブと、レバー。
どちらもパナレーサーのものです。

いざチャレンジ

クイックリリースを外す

工具なしで簡単に車輪を取り外しできる”クイックリリース”がロードバイクの特徴であり利点ですが、自分はこの日までクイックリリースを使用することはありませんでした。

なので初めてのクイックリリースを使用して、初めて車輪を取り外しました。

クイックリリースの取り外し方ですが、まあどこにでも転がっている情報ではあるんですが、ロックを反対方向に倒してネジのようにくるくる回すだけです。

取り外したクイックリリースのバネ等はなくさないようにしましょう。

タイヤをリムから外す

さあ初めてのレバー使用です。

初めての挑戦でしたが、意外にも難なくチューブを取り外すことができました。

新品のチューブへ交換

これが今回交換するPanaracer(パナレーサー) タイヤレバー [3本セット] PTLです。

交換しやすいように、少しだけ空気を入れました。
なぜか筋肉の形に不均一に膨らむ。なぜこうなっているかは不明。
このチューブだけの特徴なのかな?

自分一人では作業中の写真を撮れなかったので、この後の工程は撮影できていませんが、無事このチューブの取り付けと、タイヤの再装着にも成功しました。。

元使用していたチューブは、パッチを当てれば再度使用することができるので、今回はパッチを持っていませんが次回以降のためにパンク位置に目印をつけてこのまま保管します。

Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット [パンク修理パッチ] RK-EASY

Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット [パンク修理パッチ] RK-EASY

苦労した点

チューブ交換とタイヤのリムへの取り付けなどはあまり苦労しませんでした。

意外と苦労したというか、気をつけるべきだと思った点は、クイックリリースの装着です。
クイックリリースでギュッと締めてから、ロックをすると思ってたのですが、ロックが返らなくて、クイックリリースは締め付けに余裕のある状態でロックを返す代物だということがわかりました。
最後まで回してはいけないんですね。

カーボンフレームだと、最大トルクも決まっていて割れないように気を遣わなければいけないので、この点だけ注意が必要だと思いました。

参考にした動画

今回使用した道具まとめ